Forse Design - 企業ロゴのデザイン

menu

企業ロゴのデザイン

企業には何かシンボルになるようなロゴが作られていることも多いですよね。
これがまだないときには作るといいのですが、このときにはデザインが大事です。
なるべくいいデザインのロゴが作れるように、作るときには方法などによく注意するといいでしょう。

▼ 目次

ロゴの必要性について

まずロゴの必要性について確認しておきましょう。
まだビジネスを始めたばかりでロゴがないときなど、わざわざこれをデザインする必要があるのか、その必要性をはっきりとは認識していないこともありますよね。
ロゴとはその会社のアイコンとなるものです。
看板として店舗や名刺などに載せることもありますし、商品にこれがつけられることもあります。

これがあると、象徴的なアイコンがあることで覚えてもらいやすくなるのがメリットです。
そのようなアイコンがなく、会社名などが事務的に書かれているだけだと特に目を引くこともないため、その商品やサービスの提供者がそもそもチェックされなかったり、チェックされても覚えてもらえなかったりするわけです。
このときにいいロゴがあると目を引きやすくなり、その提供者のことを覚えてもらいやすくなるのですね。
自社のことを覚えてもらった方がビジネスを行う上でも有利です。
そのような状況になるためにロゴは役立つのです。

そのほか、ロゴを商品に使う場合、その商品の魅力を高める効果もあります。
ロゴがついていた方が魅力を感じるとのアンケート結果もあり、ロゴのない商品よりも選ばれやすくなります。
ロゴがあるだけで商品の魅力が高まり選ばれやすくなるなら、やはりこれがあった方がビジネスを行う上で有利ですよね。

このようなことがロゴの必要性となります。
まだこれを持っていないなら新しく作るのはおすすめですよ。
ただしロゴを作るときはデザインに注意しないといけません。
作るだけなら自力でも作れるものですが、デザイン面にまで配慮したロゴにするためには、デザインのプロに依頼するといった方法も知っておくといいでしょう。

ロゴはなぜデザインが大事?

なぜデザインが大事なのかというと、そのロゴの意味がよくわからなかったり、魅力がやや弱いものだったりすると、ロゴのメリットも弱まるためです。
興味を引くような魅力や視覚的なわかりやすさがないと、そのサービスや商品の提供者に興味を持ってもらったり、覚えてもらったりする機会も減りがちです。
さらにそのロゴを商品などにつける場合、ロゴのデザインがイマイチだと商品に魅力を感じなくなるというアンケート結果もあります。

このようなことからロゴを作るならなるべく魅力的なデザインにすることが大切です。
そのためのポイントはいくつかありますが、そのロゴが覚えやすいものとなることや、アイコンとしてのわかりやすさなどに注意してデザインしていくことが大事です。
もし自力でロゴを作りたいならこのようなポイントにはよく注意するといいでしょう。

ただ、普段からデザインに関する仕事をしていないとこのようなポイントはよくわからないことも多いですよね。
自分で実際にやってみて、なかなかいいデザインのロゴが作れないこともあるでしょう。
そのようなときにはロゴを依頼するという方法も知っておくといいです。
これはロゴをプロに作ってもらうという方法になります。
デザイン自体を専門に提供している業者などいますから、そちらに依頼すれば企業ロゴを代わりにデザインしてもらえるのです。
プロが作るものならデザイン面でも優れており、企業の看板としても使いやすいものが作れます。
もちろん商品の魅力を高めるロゴとしても使えますよ。

企業 ロゴデザイン の作成についてはこちら

プロに依頼するメリット

プロに依頼するとどのように作ってもらえるのかというと、そのロゴをいいデザインとするために打ち合わせがきちんと行われるのです。
このようなロゴがいいとの希望などあればそれに沿う形で作ってくれますし、そのような希望は特になく、いいデザインのロゴを一から作ってほしいという希望ならその通りに対応してくれます。
具体的なロゴの希望などがない場合はその企業のイメージや事業内容、商品などからプロがデザインのコンセプトなどをきちんと立て、それに沿ったデザインを作ってくれます。
その結果、特に具体的な希望はなくても、その企業やそちらが作っている商品などにとてもよく似合うロゴが完成するのです。

このようにプロに依頼するという方法でも企業ロゴは作れます。
ご紹介したようにデザイン面にもかなり配慮した仕上がりとなりますから自分では作れないときや、なるべくいいデザインのロゴを作りたいときなど利用するといいでしょう。

ただ、プロとはいえ他人に依頼してロゴを作ると、最終的にどのようなロゴができ上がるのか不安もあるでしょう。
これについては事前に仕上がりのチェックができることも多く、そのときに別の案をお願いできることも多いです。
ただし提案するロゴの回数に制限がある場合もあります。
このあたりの条件は依頼するときの内容によりますから、気に入るロゴをしっかり作りたい方は依頼内容には十分に注意してください。